'35gの外交官'韓国のチョコパイ!北朝鮮でも売れっ子!!

e0247660_840119.jpg


e0247660_8402929.jpg


昨日のNHKのニュースにも登場した韓国のチョコパイ。
韓国のチョコパイは日本のエンゼルパイのパクリと言い切っちゃう夫。
大学生の頃、初めて東京に遊びに来た時、
偶然スーパーで見つけたエンゼルパイを韓国のチョコパイのパクリだと思った私。

実は韓国のチョコパイは老舗メーカー 'オリオン'の開発チームの幹部が
アメリカの出張中口にしたムーンパイ(moon pie)に感動、
1年後、韓国バージョンのチョコパイを誕生させた(1974年)らしい。
日本のエンゼルパイは1958年森永製菓が、1984年Lotteがそれぞれ誕生させたらしい。
Wikipediaはくだらないチョコパイで夫婦の絆に傷をつけないように、
きちんと正しい情報を提供してくれる!

北朝鮮に進出している韓国の企業が労働者たちにおやつ感覚で配った事から大ブーム!
ちなみに韓国のチョコパイの包み紙に書いてある'情’は日本にはなかなか存在しない、
韓国人の大切な絆の意味。
仕事場でも普通に一休みの事を'情Time'を取ると言われるほど(チョコパイCMでもそんな映像がある)
だから、自然に選択したチョコパイがめちゃくちゃ北朝鮮の労働者たちに売れっ子に!
チョコパイが闇市場でとんでもない金額で売買されたり、
チョコパイをどのくらい配るかによって工場の生産性が変わっていくくらい!


e0247660_84128.jpg


実はこのチョコパイと辛ラーメンは中国、ロシア、ベトナム・・・のアジアの地域でガンガン
売り上げを伸ばしている現状で、次々現地生産工場が誕生している。
特に、チョコパイは'35gの外交官’と呼ばれるほど大活躍中!

■ちなみに、昨年の'虚構新聞’の記事でちょうどこのチョコパイの話があった。
 さすが!
 http://kyoko-np.net/2011112401.html


■虚構新聞'説明はこちらに
http://kyoko-np.net/2011112401.html

by hyewonjijoon | 2012-02-24 08:11 | 韓国

だれか気がついて・・・オウム真理教幹部平田信容疑者

e0247660_06254.jpg



日本人はあまりブラックユーモアには興味がないとか、
性格に合わないと言うのが正解かもしれない。
真面目な人が多い過ぎるから?
台風や地震や洪水やかなり短い期間で変わる首相の名前を覚える事や・・・
次から次に自然又は社会現状と戦うので精一杯だから?
とにかくユーモア感覚があまりなじんでないようだ。

ヨーロッパの南方面の半分とか南米のラテン系の国は、
熱過ぎるかな(?)ブラックユーモアより少し洗練された吉本興業に近づく。

ブラックユーモア感覚が発達しているのはやっぱりヨーロッパの中部。
一日中雨か曇ってるかがはっきりわからない気候だけど、
そんなに寒くても、暑くてもない、
一年中豊かな食材に含まれて、歴史と共に割と生活は安定している。
なかなか太陽のまぶしさに馴染んでないまま、
朝か夕方かが区別しにくいグレーの環境。
だからこそ、
同じものをひっくり返してみたり、
じわじわ、ネチネチ削ってみたり・・・
ブラックユーモア感覚が生まれたかもしれない。

虚構新聞ってご存知?

最近、若者たちに結構人気があるネット上の新聞。
表の事実上の出来事のネタをありそうな捻くり内容に変えたり、
全くの作り話を事実に混ぜて、
じわっとした笑いを生み出している。

私から見たら、日本らしいブラックユーモア!
たまに時間がある時読んでみるには悪くないかも。
怒ったり、泣いたりするより笑うのって悪くないから。
とくに、話題のオウム真理教幹部平田信容疑者に関する記事はオススメ!


e0247660_041633.jpg


e0247660_05365.jpg





<PR>
地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/

by hyewonjijoon | 2012-01-09 10:17 | 韓国

トンチミって!!美味しいもののためには結構人間は執念深いもんだ!

e0247660_7182722.jpg



e0247660_775836.jpg




昔ながらキムジャンキムチにほんの少し先立って作っておくのがこの"トンチミ”!
普通の大きさの大根ではもちろん、
"アルタイ"と言う(中東の国の怪しい独裁者と勘違いしないように!)小さめの大根を、
わけぎ、玉ねぎ、りんご、梨、にんにく、生姜、アミ類と一緒に美味しい水につける。

好みに合わせて果物の種類、青唐辛子、アミ類を変える事で・・・豊かなヴァリエーションも。
平気に−10℃を下回る庭に置いた"トク"(かめ)の中に漬け込んだ大根は、
ゆっくりと周りの野菜や果物の味を入れながら醗酵していくわけだ。

唐辛子が入らないから当然辛くないし、
果物からの香りと甘みが溶け込んだ優しくてジューシーな大根に変身。
"トク"の蓋を開けると、氷氷氷・・・!
表面の氷を割りながら、
痺れて来る手をのばして、の・ば・し・て・・・
やっとの思いで奥に沈んでいる大根たちに出会う。
美味しいもののためには結構人間は執念深いもんだ!

寒くて長い冬の夜、
家族があったかい部屋の中に集まって、
焼きたてのもちと氷が浮かんでいるこの"トンチミ"を口にした記憶は忘られない。

とくに、
シャキシャキッと氷の食感とともに味わう、
微妙な甘みとスッキリした切れ味とのバランスって、
私の足りない表現力では表現し切れない・・・

e0247660_728376.jpg







これは、これは、
北国の天然冷蔵庫の中で、
寒さに耐えながらゆっくりと溶け込んだ、
冬野菜たちの命がけの、
極楽のシンフォニー!




e0247660_7111485.jpg






















実は、私は、
韓国以外の国では、
大好きな冷麺が食べられない!
なぜなら・・・それは、また今度。
ヒント: " トンチミ"と関連あり。




<PR>
地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/
 

by hyewonjijoon | 2011-12-06 19:03 | 韓国

来た!来た!来た!

e0247660_192448.jpg

        アツアツご飯とキムチって・・・たまらない!



来た! 来た! 来た! キムジャンキムチが来た!

実家の母親が風邪気味で遅れた際に、妹が先に自分のキムジャンキムチを送ってくれた。
まず、妹から文句の電話が・・・家までキムチの配達があったのになぜお留守?
ソウルの郵便局はEMSの荷物が宛先の国の空港に着いた瞬間からingタイムで送り主に
メールで連絡がいくらしい。
何時何分に配達に行ったが不在で連絡まち等々・・・
日本では郵便受けにただの紙一枚・・・
慌てて郵便局に電話をしたら勤務時間終了。
インターネットサービスに入ったら次の日の午後前は配達不可。
・・・・・・同じEMS郵便なのに、確かに日本の場合が韓国より料金が高いのに、
この二つの国のサービスの差は一体なんやろ!
"IT"と"イット"のタイムスリップ?

そんな訳でキムチの味が危険な非常状態に!
基本的に国際便は冷蔵便がないのでこれはこれでキムチの運命!

キムチが着いた瞬間、ドキドキしながらパッケージを開けると・・・・・・
できた妹はキムチを一切れずつ完璧に真空パックをして送ったわけ。
ただ、時間とともに醗酵したために袋は爆発一歩前!

このキムジャンキムチの無事を報告する電話の向こうで嬉しそうな声の妹は、
今回の味の成功は白菜にある事を説明。
朝5時にソウルの端っこにある野菜専門市場で、
雨が降って、たまたま人が少ないために素晴らしい白菜を手にした事。
もちろん唐辛子は私たちが小学生の頃から母親が付き合ってる田舎の農家のもの。

本当に白菜の様子が普通ではない。
大量の唐辛子やにんにくに付けられてもシャキシャキの歯ごたえのままで!
水分が多い日本の白菜と大根ではなかなか期待できない味!
のどの奥から果物やエビや海の塩味・・・・・・数え切れない味の絶妙のハーモニー!

アツアツご飯とキムチって・・・ま・い・っ・た・な・・・止まらない!!!



e0247660_1133244.jpg













あぶない!もう少しで爆発するぞ!

e0247660_1135585.jpg













小さい大根キムチ(チョンガッキムチ)も入ってるぞ♪

by hyewonjijoon | 2011-12-05 12:46 | 韓国

キムジャンキムチって?

e0247660_15513418.jpg


先週から韓国の実家の母親から何回も電話がかかって来る。
キムジャンキムチが出来上がったので日本に送ってあげたいからと。
いつも少しだけでいいと言っても私の冷蔵庫に入り切れない量を
ガンガン送ってくれる母!
私が格好が悪いからと、大き過ぎで家に置く場所ないからと
なかなか”キムチ冷蔵庫”を買わないのが最近彼女には最大の不満である。
だって、遠慮無しに送りたい放題送られるから・・・・・・
娘が何歳になっても食べさせたいのが母のありがたい気持ち!
もしかしら、うるさい娘より孫と婿に食べさせたいからかもしれない。

韓国人はキムチを愛してる!
キムチなしでは生きて行けない人々がほとんどだと思う。
pizzaにも、フロマージュにも、ハンバーガーにもキムチを一緒に食べる!

各家庭にはそれぞれ自慢のキムチの味があって、そのヴァリエーションも様々。
唐辛子やアミや新鮮な魚海類(牡蠣、いか、たこ、鱈等々)の種類と量の組み合わせと
白菜、大根、胡瓜、ねぎ、にら・・・の具によって数えきれないキムチの種類があるのも事実。
少し味見をするだけで、どこどこの地方出身とか、下町出身とか・・・
作った人の背景までわかるのが、キムチの奥深い世界!

今は一年中手軽くキムチを買って食べる事も可能になったけど・・・
ちょっと前までは、この時期にはどんな家庭でも冬の3〜4ヶ月のための
”キムジャンキムチ”を準備するのが冬の入り口の大きな行事だった。

家のお手伝いのため、学校や職場は”キムジャン休み”、
お父さんたちには'キムジャンボーナス'まで!
親戚や近所のおばさんたちが庭に集まって一日、二日かけて大量のキムチを作った。
そして、そのキムチを大きなかめ(甕)(キムジャンドク)に入れて、
そのまま庭に埋めて冬の間の天然冷蔵庫にした訳だ。

e0247660_0505966.jpge0247660_0525981.jpge0247660_0545453.jpg








キムジャン休みもボーナスもなくなって、
手軽く買って食べるより何倍も手間もかかるし、お金も高いけど、
まだまだ自慢の我が家のキムチの味を続けるために多くの家庭ではキムジャンを諦めてないようだ。
ただ、大都市圏では住宅環境が変わったのでキムジャンドクの代わりに
IT国らしい人工知能を持ってる魔法のキムチ専用冷蔵庫が登場したのである。

あああ〜美味しい出来たてのキムジャンキムチが食べたくなった!!
今日は、ささっと冷蔵庫の中を整理して母親に電話する!

e0247660_0401513.jpg



<PR>
いよいよ今晩10時「ガイアの夜明け」に我が社が登場!
今や、住まいのキーワードは「安心・安全」!ぜひ、お見逃しなく!!

<PR>
地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/

by hyewonjijoon | 2011-11-29 07:39 | 韓国

煮込んだらみんな同じ!

e0247660_785677.jpg





確か、1989〜1990年あたりだったかな......
parisとソウルを往復しながら建築projectをしていた時の出来事。
当時コラボレーションでprojectをしていた建築事務所には約10人くらいの若い建築士がいて
お昼にはみんなで近所の食堂にワイワイ出かけた。

いつも女子は私一人で、たいてい安くて量が多い所がほとんど。
ほぼ毎回食堂の選択権はあの10人が握っていた。
その中でもちょっと汚くて狭くて、おじいさん一人で仕切っている
"野菜たっぷりのお肉スープ専門店"がなぜが彼らのお気に入り。

なぜ”専門店”かというと、実は、メニューはそれだけ・・・・・
そのほかにあるものは"焼酎"・・・・だけ・・・・!

その日は、いつも通り楽しく、笑いながら
お客さんの物まねなどをしながら食べてるうちに、
何か微妙な感覚が全身の抹消神経に呼びかける!

なんだろう・・・・・・?

口の中に・・・・・?

野菜スープ食感の割には、妙につるんとして・・・・

口の中に・・・・残っている・・・・何かが・・・・・
・・・・・?・・・・・!?・・・・・!!!!????

口から出す!

ahh!

急スピードで前の席の人が箸でそれをはさんで席を立ち上がると、

突然大声で"アジョシイ!!!" (韓国語でおじさん)

思わず、店の端っこいた、我々とは別のわずか一人だけの客のおじさんも、
焼酎でトロンとした目をこちらに向ける。

台所から出て来たアジョシと前の席の彼の目が無言で対立する!!
約3秒くらいの沈黙!!  いったい何が・・・・!!??

すべての動きが止まっていた。
すると突然、我々のシ他のメンバー9人が店を出てしまう!

気がついたら私も彼らと一緒に隣のcafeにいた。
いったい何が・・・・???

私以外メンバーは、なぜかみんな嬉しそう。
しかも、普段お昼めしに含まれてないコーヒーやデザートを頼んでいた。
しかも、みんなが私に感謝してくる。
だって、お金を払ってないから!

ちょっと怖かった。
でも、勇気を出して"どうしたの?"

"大丈夫、大丈夫......煮込んだらみんな同じ!"
”え、なんのこと???”

本気に怖くなって"私が食べたものは、いったい何?"と聞...く...と...
"xxxのxx”
"!!!!???!!!???!?!?!!!"

私は、しばらくトイレから出られなかった。

e0247660_795049.jpg











"それは、ネズミのしっぽだった"


<PR>
地盤のことなら、愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へおまかせください!
http://www.jiban-pro.jp/

by hyewonjijoon | 2011-11-08 12:02 | 韓国