鉄の女?涙?マーガレット・サッチャー

e0247660_21282977.jpg



メリル・ストリープの演技が好きだから彼女が出演した映画はほとんど直接映画館で観ている。
個人的にはアカデミー賞をもらった作品に特別な興味はない。
どうしても、その選び方と言うか基準がよくわからないし、
そもそも映画そのものの価値を計るものとは考えられないからだ。

最初からこの映画は一人で観たい感じがしたので、
微妙な興奮を保ちながら一番後ろの座席によこ座り。
マーガレット・サッチャーとメリル・ストリープという二人の女性に出会った。

e0247660_23402435.jpg


20代の頃、ちょうどフランスに住んでいた時、サッチャー女史が
イギリス初の首相として活躍していたため、
何となく親しみを感じる当時の映像が多かった。

あの頃の記憶によると、
彼女は大勢の男性の中で唯一の女性首相というより、
The Iron Lady(鉄の女)というニックネームがピッタリで
強くて固くて・・・一言で大勢の男性の上の女性首相!

1925年食糧雑貨商の家に生まれたサッチャーは市長経験者の父に影響を受ける。
オックスフォード大学では化学を専門、研究者の時期もあったが、
1950年、保守党から下院議会議員選挙に立候補、しかし落選。
1951年デニス・サッチャーと結婚し、法律の勉強を始め、1953年には弁護士資格を取得。
1959年に下院議員に初当選を果たし,1970年からヒース内閣で教育科学相を務める。
1979年には女性初のイギリス首相に就任、1990年まで11年間首相職を!

強いリーダーシップで国有企業の民営化や規制緩和、金融システム改革!
財政赤字を克服しイギリス経済を立て直した救世主と高い評価を受ける。
1982年サッチャーの強硬な姿勢によるフォークランド奪還は、
イギリス国民からの評価が極めて高い。
だが、人頭税(community charge)の導入を提唱してイギリス国民の強い反発を受け・・・
1990年英国首相、保守党党首を辞職する意向を表明。
2008年長女のキャロルが、サッチャーの認知症が進み、
夫が死亡したことも忘れるほど記憶力が減退していることを明かした。

あまり比重を持ってないように見られるけど、
実は映画の全編に夫、デニスの存在が極めて目立つ!
優しくて、ユーモア感覚に溢れて、非常に理性的、知的な姿!
マーガレット・サッチャーが、外では鉄の女と呼ばれる彼女が、
唯一甘えて、弱気を吐き出したただ一人の相手だったかもしれない。

政治的な戦略会議で「真珠のネックレスを外した方がどうかな」と同僚から言われたとき、
「これは夫からのプレゼントだからできない」と言い返すシーンがとても印象的。

さらに、その鉄の女の心の揺れを、悩みを・・・見事に表現、
もしかしたら彼女自信も気がつかなかったところまで触ろうとした、
メリル・ストリープの素晴らしい演技は感動そのもの!

考えてみたら、自分の親や子供より遥かに長い時間を共に過ごすのがパートナー!
中年の壁を越えたある日、突然、
いずれにパートナーとの別離が来る事実に気がつく!
口には出せないけど、実はすごく怖い!

マーガレット・サッチャー、メリル・ストリープそして私自身が一つになった、
不思議な、とてもリッチな瞬間を経験した。
年を重ねる事って、女性に生まれた事って・・・悪くない。


e0247660_23204179.jpg


e0247660_23425231.jpg


e0247660_2321723.jpg


e0247660_23472676.jpg


e0247660_2324055.jpg


e0247660_23191936.jpg

















e0247660_23195651.jpg

by hyewonjijoon | 2012-05-22 23:50 | life

いい夫婦の日♥♥♥は良かったかしら・・・・・!??

e0247660_835414.jpg

          les oreilles rouges 赤い耳?





いったい誰がこんな日を決めたのかしら・・・・・・
どう考えてみても、その意味がよくわからない。
最初"いい夫婦の日"が存在する事がわかった瞬間
"Ah!やばい、仲が悪い夫婦がそんなに多いかっ?!?"と思った。

子供の日、敬老の日なら、
子供のために何をしてあげるとか、
おじいさんたちに感謝しようとか
何となく落ちがつくけど、夫婦の日ってお互いなにを???

昨日の午後、祝日の前の段取りのためなのか、我が社の監督の男たちが
普段より早めに事務所に戻っていた。

私:みなさん、今日はいい夫婦の日ですから何か?
Yさん:ええ、すしでも買って帰るかな・・・・・
私:1週間前の息子の誕生日もすしだったから、違うものにしなさい!
  嫁さまに言われるでしょ’また同じ?’って。
Yさん:どうしょう、すし以外はまったく思い浮かばない(汗)

私:お花束とかは?
Mさん:それが・・・・・この前嫁に怒られて!
私:何で?
Mさん:生活費を節約しなきゃならないのに花に高いお金を使うなと!
Kさん:それそれ、ぼくはローズ一本をあげたらケチッと言われて何とか夫婦喧嘩まで・・・

Tさん:オレは家に帰るのが怖い!
私:何かあったの?
Tさん:ええ、最近・・・・・家の中がシベリアで・・・・(汗)
みんなさんと私:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗汗汗)

夕飯の仕度をしながら考えた。
私たちって"いい夫婦?"って!
↑↑↑
結構複雑な気分になって、
そのあとは、夫婦の危機が・・・・・・・!
誰がこんな日を決めたんや・・・
余計なお世話!と怒っていたら、横で聞いていた息子が一言。

息子:そんなの、商売屋さんが考えたに決まってるじゃん。何、深く考えてんの?
私:・・・・・・

夫婦の日なんかいらないヨ!







e0247660_83186.jpg

                 夫:オレ?   妻:そう、あんた!





<PR>
地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/
 

by hyewonjijoon | 2011-11-23 09:35 | life

なぜオバマ大統領が私に???NHKの有働さんのエアー恋愛?

e0247660_14465657.jpg



わさわさ人々が集まっていた。
ほとんどが西洋人で、何か有名人の記者会見みたいな様子。
よくよく見たらあのオバマ大統領が手前に立って、
深刻な表情で、
しかもスラスラの日本語で話していた。

とても残念だけど、これ以上自分自身に嘘をつく事ができない、と。
別に愛する人がいて・・・・・仕方なく現在の妻と離婚する、と。
なんと、"離婚会見"でした。

場面が変わって、日本の広島安芸の宮島とよく似ているところ。
海の上、船のような総ひのき作りの建物。
しかも海岸からその建物までは一本の橋がつながっている。

いつの間にか私は、海風に髪を触らせながら、
橋の向こうを見つめていた。

急に誰かが、その橋の上を早足に歩いて・・・・近づいて来る。
私の心臓の動きが早くなる。
熱い呼吸の波が伝わって来る。

閉じた目を開けると、
私を見つめている神秘の視線・・・・・
えっ!? オバマ大統領が私のそばに・・・・(約5cm!!)

その瞬間、
船のような建物に大きな波がぶつかったような動き、
さらに全身を吹き飛ばすような爆発音が!!!

突然目が覚めた・・・・・
横には、私の横にはジャイアントいびきをかきながら夫が気持ちよく寝ていた!

先週、出勤準備をしながらちょこちょこ観ているNHKの有働さんの「あさイチ」で
"エアー恋愛"の話で盛り上がっていた。
瞬間的に何ヶ月か前に見た、その夢を思い出した。

もしかしら、それって、まさか.......私も!?
でも、
どう思ってもそんなことは考えた覚えがない。

あたしの好み??
夫と同じ歳??
夫と同じ身長??

ま・さ・か・・・・・・!?
ここからはヒ・ミ・ツ・・・・・





e0247660_14475648.jpg







<PR>
地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/
 

by hyewonjijoon | 2011-11-20 17:01 | life

おばちゃんがつぶやいたら危ない?!!!

e0247660_0102924.jpg


自分の思い通りにならない事がはるかに多い。
頑張っても、頑張らなくてもなるようにしかならない事も多い。
後ろを振り向いてみても、
逃した時間も瞬間も戻す事はできない!

たまには、本当の自分と全然違う何かに振り回されている自分が見える。
人生ってそんなもんだと思いながらも.......
思うだけで認めてない自分がいる。

欲張り?
わがまま?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうでもいい。
自分を表現したい欲が、
自分の本当の力を出し切れずにごまかしている自覚が、
痛いけど・・・・・・・・・・・・そんなに悪いシグナルではないだろう!

ただ、
まだ、
自分の中の軸がはっきりしてない。

こんな時は体の一番てっぺんに配置されてある頭をさわる。
美容院にいく!
また、ボーズになる?この歳に?


↑↑↑
ブログをみた夫から連絡あり。
なんだか怖がっている感じ、私のことを・・・・・
ふふふ~
風邪ひきさんの嫁は冬は絶対にボーズならないヨ・・・・・・・って。







地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/

by hyewonjijoon | 2011-11-17 08:45 | life

イタリア コロンナータの思い出

e0247660_048063.jpg

これは、イタリアから飛んで来た私のための結婚祝いです。

ちょっと長くなるけど、今日はこの「イタリアのクルミ割り器」にまつわる思い出話を。

20代後半、独身、architecte d'intérieure(室内建築家)、parisienne(パリジェンヌ)!
今考えてみたら絶好調の時期だった。

あるとき、parisで担当した自宅projetの段取りのためにイタリアに向かう!
ほとんど、フルオーダーで設計されたリビング、風呂場…に使うbianco(大理石)の
※ナンバリングや細かい面加工の作業指示のためだった。

初めての大きい仕事だったし、bianco産地の初現場入りが嬉しくて…
カッコいいイタリア人の社長に会えるかもしれないという期待感でパンパン!!
向かったのはイタリアの大理石の産地carrara(カッラーラ)の近くにあるcolonnata
(コロンナータ)という小さな町。

まず、社長さんが直接駅までお迎えに来る事になったので...
でも、あちこち探してもカッコイ社長らしいイタリア人が見当たらない…
しばらくしたら…

結構悪くない発音の英語で私に話をかけて来る、小さな東洋人のおっさんがいる。
何に?私に道なんが聞いたら困るよ~と思いながら返事をしたら…

ooh la la!彼が、そのおっさんが、カッコいいはずの社長さんだった!
しかも会社に向かう車の中でお互い偶然韓国人だった事に気づく!!

イタリア語もフランス語も英語も吹っ飛ばしてすべての仕事を韓国語で!!!
周りのイタリア人たちが耳コピした韓国語で合流、だんだんcolonnataの夜は
熱く盛り上がっていく・・・・!!

ところで、彼、Mr.Packは20代の初めには韓国・現代建設の新入社員だった。
そして、いきなりイタリアのbianco村に派遣され大量の大理石を
サウジアラビアの現場に運ぶ役に選ばれるが...

まだ、イタリア語で挨拶もぎりぎりの状態で、
たった一人の上司が車の事故で現場から退場...!!

突然一人で、真っ白くなった頭で、真っ白いbiancoと戦うことになった。

MAMMA MIA!!!

ところが・・・ある日突然(たいてい歴史はこうやって始まるんや!)
村の女子高生がやって来た。(まるで映画みたい!)

彼女は片言英語で、とても情熱的な韓国の男と
それに負けない情熱固まりのイタリアの男たちの架け橋になる。

こうして彼は、半年間昼晩なしで頑張り、無事に現場を終了、
ソウルの本社に華麗な帰国を!!

ところが、歴史はここから始まる。
彼、Mr.Packは、なんと半年後当時韓国の若者の憧れの現代建設をやめて
colonnataに戻り、まだ未成年だった彼女の前に立った。

彼女の父親に情熱的に叩かれたらしいけど・・・
ついには村人に助けられて無事に結婚、十数年後は村では誰もが知っている有名人、
立派な大理石加工会社の社長になっていた。

ハア~、説明が長くなった。

実は私も夫に出会い6ヶ月で結婚!
日本に来る直前、ひさしぶりにMr.Packからの電話があり結婚報告をする。

そして、名古屋に来て初めてもらった小包は、イタリアからのクルミ割り器!
あの時はこの地味な結婚お祝いの意味がよくわからなかった。

固い皮の中にあるはっきり言い難いクルミの味。
しぶみもちょっとした油のほんなかな甘みも...微妙なハーモニー。

しかもくるみ割り器無しではなかなか中身が出せない。
時間と共にだんだん馴染んで来る、ぶっとくて素朴な形の私のクルミ割り器!

愛の素晴らしさ、力・・・そして重み。

最近、ちょぴっと、その意味が分かった気がする!
結局、おっさんは、
めちゃくちゃカッコいい社長さんだった!!?


※ナンバリング:天然石は模様があるため産地で確認、設計者のイメージ通りに施工する
        目的で石の裏側に番号をふる作業
e0247660_201542.jpg


e0247660_203695.jpg




地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/

by hyewonjijoon | 2011-10-28 17:17 | life

男と女 フランス映画

e0247660_13142395.jpg










un homme et une femme


今日は朝から冷たい雨が降っていた。
まるでフランスparisの空みたいな薄暗い天気・・・たまには、悪くない。
普段と変わらない一日でしたが何となく。

朝からずっとこの歌が耳にする。
comme nos voix
バダバダダバダバダ
・・・・・・・・・・・・・・・・
バダバダダバダバダ

バダバダダバダバダ
のスキャットが全編に流れる主題歌は非常に有名である“男と女。
1966年クロード・ルルーシュ監督の出世作と言うべきなフランス映画である。

普通に生きて行く人生の歯車の中で普通に傷ついた男と女が偶然出会って
自然に近づいて行く・・・普通の男と女の普通の物語!
バダバダダバダバダ
ずっと反復するある意味ではつまらない普通の日々の中で、
秘密にしておきたい小さな、微妙な心の興奮・・・これって幸せ?



地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」に
http://www.jiban-pro.jp/

by hyewonjijoon | 2011-10-05 13:19 | life