「ほっ」と。キャンペーン

私の韓国料理の基本タレ②(かおり醤油 & かおりおろし)

e0247660_13303441.jpg

              かおり醤油:牛肉・ハチミツ以外の材料を鍋に入れて中火に

e0247660_13312142.jpg

              かおり醤油:牛肉を入れて沸騰したらハチミツを入れてゆっくり

e0247660_133295.jpg

              かおりおろし:すべての材料をおろして置く

e0247660_13324549.jpg
         
              ビンに詰めて冷蔵庫に(かおりおろしは冷凍して使う)             


前回の香り油の続き。

■かおりおろし:なし200g   大根 180g   にんにく 200g   生姜 10g
        すべての材料をおろして小さめなビンに入れて冷蔵庫に保管。
        かおりおろしは色が変わりやすいので冷凍庫に入れて置いて少しずつ冷蔵庫に。

■かおり醤油 : 醤油 2カップ   砂糖 1/2カップ   かおりおろし 1/2 カップ
    牛肉(シチュー用) 100g   水飴 3大さじ   ハチミツ 1/2カップ
        白ワイン 1/2 カップ   生姜 40〜50g   荏胡麻の葉 5枚
        赤唐辛子 2〜3コ   こしょう 少々
        ①ハチミツ・牛肉以外のすべての材料を鍋に入れて中火にかける。
        ②沸騰したら牛肉を入れてゆっくり煮る。
        ③最後にハチミツを入れて汁が1/2になるまで煮る。
        ④少し冷めたら漉して小さめなビンに詰める。

前回のかおり油と今回のかおりおろしかおり醤油があれば、
ほとんどの韓国料理、韓国風料理ができる。

自分が欲しい味を想像しなからこの3点セットの基本タレを使い分ける事で、
スイスイ我が家の韓国料理が出来上がる!

oh!にんにくがないから今日はできない!
にんにくのにおいが手に付くのがいや!
ネイルサロンの後でにんにくや生姜のみじん切り何かしたくない!
こんな人間にも韓国料理、韓国風料理ができるなんてうらやましい!

とくに、
すべての材料がミックスされて、
生の味ではない(直接的ではない)ので、
一段味が深いし、さらにマイルド!
お弁当用のおかずに使ってもよし。

by hyewonjijoon | 2011-12-08 16:24 |

私の韓国料理の基本タレ①(かおり油)

e0247660_2347107.jpg

         私の可愛いタレたち


e0247660_2350491.jpg

         すべての材料を鍋に入れて弱火にかける


e0247660_23512321.jpg

         野菜の色がこのくらい変わったらok


e0247660_23513999.jpg

         ゆっくり漉すだけ!

         

         結婚が遅かった事もあるけど、それより小さい頃は男の子たちと遊ぶのが好き、
         次は勉強が好き、後は仕事が好きだった私は、どちらが言うと料理は遠い世界。

         料理は食べるもので、作る事に対して全く認識がない!
         そんな私の前に息子が現れて、そもそも離乳食を食べさせる時点から
         パニックが始まった。

         フランスから韓国に戻って来て、
         その後しばらくして日本に来る事になり、
         言葉、生活習慣......がリセット!
         料理本を読むためにひらがなとカタカナを覚えた。
         
         とくに和食は奥が深い世界!
         まず、この国で生まれ育ってない普通の人間が
         美味しいそばの味を見分けるのも、
         薄味の煮物の隠し味を読むのも、何より時間が必要。

         愛する家族に美味しいものを食べさせたいから、
         美味しく、楽しくわいわい食べる時間を大事にしたいから、
         何より、自分自身が美味しいものを食べるとき幸せを感じるから、
         そして、一日平均2時間食べると、人生80年と計算してみても
         約58400時間を無駄にしたくないから......

         私は毎日料理をする!

         ところが、朝のお弁当作りから仕事、子供の送り迎え、買い物、掃除、洗濯......
        いつも時間が足りない!
         いくら忙しくてもいつもの同じ味をキープしたい!

         そこで考えたのが、
         化学実験用ビーカーを台所に置いて常に計ること!
         
         例えば和食なら、比例の感覚を使う!         
         韓国料理やお弁当なら、基本のタレを準備する!
 
         私は料理を習った事もないし、
         とくに深く考えた事もない。
         ただ、色んな料理本や美味しく食べた記憶で自分ができる事をするだけ!

         そこで、まず、
         我が家の韓国料理の基本のたれ、
         かおり油、かおりおろし、かおり醤油を紹介する。


         今日は、かおり油

          材料:
         菜種油(サラダ油でも)2cup、ニンニク1かけ(やや小さめ)
         生姜40〜50g ,白ネギ1本、えごまの葉4〜5枚、玉ねぎ1/4,
         やや乾燥した赤唐辛子3〜4本
         

         ①赤唐辛子は種を蒔いて置く。
         ②ニンニク、生姜はスライスして置く。
         ③玉ねぎも薄くスライスして置く。
         ④①②③を鍋に入れて菜種油を注いで弱火でじっぐり煮詰める。
         ⑤野菜の色が大分変わったら漉す。

       ■■■早くかおり油を試してみたい方へ簡単料理
         スライスの後、塩漬けしてしんなりさせて水気を絞った胡瓜を
         このかおり油少しで炒めてみる。こうしょうを少々振って
         キチンペーパーの上で冷やしてから少しごまをパラパラ!
         これを食べてみたら自分なりに応用する感覚を覚えるし
         ニンニクや赤唐辛子の量も次から調節できるはず!





地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp         


       

by hyewonjijoon | 2011-11-13 09:31 |