「ほっ」と。キャンペーン

NHKの「週刊ニュース深読み」にも登場した"初音ミクちゃん"!    

e0247660_15414997.jpg



"初音ミク"ってご存知?
3年くらい前だっと思うけどコンピュータに興味を持ち始めた頃の息子から
紹介されたのソフト中の一つがこの"初音ミク"。
自分で好きな曲を作って、しかもそれに合わしてかわいキャラクターが踊ってる!
でも、わかるけど、とても暇ではないと・・・
何となくただの仮面の上でできる事って限られているじゃないか。
そんなコメントをつけた私であった。

最近は当たり前に市販のPCの中に比較的に簡単に楽しめる音楽ソフトが入っているけど、
次々変化しているこの時代には数年前の事が昔話みたいに感じる。
元々は小さなソフト開発のベンチャー企業が出した音楽構成ソフトが、
なかなか売れなくて、かわいい女の子"初音ミク"というキャラクターを作ったのがきっかけ。
そのソフトから曲を作った人々が自分の作品を次々ニコニコ動画、youTubeなどに投稿!
インターネットの力で日本全国に、世界に一気に広がった。
一部の人はそれをきっかけにしてスカウトされ超有名なアニメ作曲家に!
"初音ミク"はアメリカでライブコンサートまで!

今朝はNHKの「週刊ニュース深読み」でもこの"初音ミク"が紹介された。
確かにアナログ時代の我々には
真っ青なデジタル時代の子供たちの教育に困っている。
でも、我々の心配、悩みと共に時代は進化しているのは間違いない!
しかも、我々も残った人生の大半はこのデジタル時代で生きて行かなくっちゃ!
これからの子供たちの世代から見下ろされたら、
アナログで骨作りをされた我々は身体障害者のカテゴリーに入るかもしれない。

親の狭い経験の枠で未来に向かう子供たちに勝手なブレーキをかけてはいけない。
ただ、ここまで変化しているボーダーな情報の中から、
どうすればリスクを少なくして、
しかも、できるかきり安全に?(はっきり言って人生で安全は保証されてない!けど)

まず、彼らと同じように感じ取る事は無理かもしれないけど、
知らない世界を否定するエナジーでその世界を頑張って理解してみるのは?

3/8,9に東京ドームで"初音ミルコンサート"が開催される。
ネギの形のライティングを買って、
一緒に"初音ミクちゃん"を観に行きたい人はいませんか?
さっき、息子を誘ったら冷たく断られた私でございます。

by hyewonjijoon | 2012-02-04 18:04 | 子育て