paris texas ではなくてparis kimchi !そして、あの男たちと浴槽!!ええ!?何の関係?!

e0247660_2335332.jpg



parisにいた頃の話。
ある日、大学の大先輩から電話があった。
彼は当時paris在住の延世大学のフランス文学科全メンバーのボスだった。

30年近く前の時代ですから・・・
私以外はすべて男子でしかも、全員sorbonne大学院でフランス文学の研究。
一年で一回だけの同窓会とメンバーの出入りの時の食事会にも、
まともに参加した事がないし、
私は一人だけ芸術系の学生でかなり個性にあふれた格好。
しかも会うたびに訳が分からないフランス人のボーイフレンドと一緒。
彼らにはどうしてもわかりたくない、理解し難い存在が私だったし、
私にも彼らはフランス文学の論文を書きながらまともにフランス語もしゃべられない、
まるで机の上にくっついている勉強虫みたいな存在だった。

さて、大先輩の部屋に呼ばれて早速見せてもらったのは赤い浴槽!
真っ白い浴槽の下から2/3が綺麗な赤色に染められていた。
どうしてもキムチが食べたくて、
イヤ、キムチなしでは生きていけないから、
小さな台所では大量の白菜をキムチの素に混ぜる事ができないから、
ちょうどいい大きさの浴槽が大量のにんにくと唐辛子の受け皿になっていた!

MAMMA MIA!!

その先輩は、論文が無事にパス、帰国が近づいて部屋の大家さんとのやりとりの中で、
このおかしくなった浴槽の問題で信じられない請求をもらい、
その地主さんとフランス語でけんかが可能な人は、
”おまえしかない!”のとんでもない話。

彼の後ろには4〜5人くらいの先輩・後輩たちが立っていた。
だって、その浴槽の傷跡は彼ら全員分のキムチのため!
キムチなしでは生きていけない韓国人は何しろ大量にキムチを作る!

Hallelujah! !

e0247660_233222.jpg


数日後、大先輩と2人で大家さんの自宅訪問。
まず、ロマンチックなムードに弱いフランス人おじいさんの心を攻撃!
大先輩と恋に落ちた若い娘(←私)は妊娠してしまった事。
具合の悪い私が、唯一食べられるモノはキムチしかなっかた事。
その浴槽を交換するためには建物の設備が古いため配水管のやり直しが必須の事。
その場合は膨大な費用が発生する事。←一応建築の勉強をしていたのでそのくらいは・・・
彼の後は、そのまま同じ大学の後輩に部屋を貸してあげたら赤い浴槽は彼らの宝になる事。
大家さんの部屋は永遠に彼らのネットワークの中で賃貸が成立すれば楽な事。

意外とこの話は う・け・た!

ただ、約一ヶ月後のある日の夜中、突然電話あり。
酔っ払いの男何人かが順番に訳が分からない事をしゃべり・・・??
最後に主人公の大先輩が電話の向こうから
”おまえ、愛しているよ”って・・・!!!言った。

一瞬、鳥肌になった私は悪夢だったと言いたい気持ちでいっぱいだった。
大先輩には申し訳ない記憶ですけど・・・

ちなみに、あの時のほとんどの先輩たちは、
今、母校 延世大学のフランス文学科の超一流教授たちだ。
また今度会いに行こうかしら。

e0247660_23121849.jpg

                 イメージ写真(笑)




<PR>
地盤のことなら愛知県愛知郡東郷町の地盤のプロ「三洲土木」へ
http://www.jiban-pro.jp/
 
[PR]

by hyewonjijoon | 2012-01-16 06:29 | paris