ベルリンの壁、そして北朝鮮の壁は?

e0247660_17553262.jpg


e0247660_17555742.jpg


e0247660_1751271.jpg


e0247660_17513058.jpg


ベルリンの壁がなくなって何週間も経っていない時現場に行った。
当時parisに住んでいて単純に好奇心半分と歴史の瞬間を自分の目で見ておきたい
軽い気持ちでベルリンに向かった。

もともと分断国・韓国に生まれ育った私は
ほかのフランス人の友達よりははるかに歴史意識が高かったかもしれないけど・・・!

ドイツの平和と自由のシンボルとして壁の一部を持って帰って自慢しようと・・・
旅の始まりはただの若さで盛り上がってい。

だけど、私たちの車がベルリンに入った瞬間、
一回も見た事がない風景に戸惑った!

ベルリンの街はゴミ捨て場になっている。

あちこちのベンチで東ベルリンから日帰りで来た人々が、
果物などを食べている。
当時、東と西の経済状況は大きく違っていたし、
普通に自由貿易でアフリカ大陸から入ってくる果物は、
東の人々には生まれて初めて口にするもの。

あの時、ドイツ政府は壁を超えて来る東の人々にお小遣いを渡したみたいで、
彼らに西の町を体験、さらに同じ民族としての交流を目的にしたらしい。

でも、現実は厳しいものだった。
西側の若者たちが家族単位で町のあちこちで食べている東側の人々に、
つばを吐きながら悪口を言うのを目撃した。

今年は世界の色んな国で独裁者たちが姿を消した。
ついでに我々の身近なところの北朝鮮でも!

少しでもこの世に平和の風が吹いて来る事を望みながらも
心の底には若い時の辛かった記憶が残っている。
もう一度、人間の無力さを感じる。

昨日より明るい世の中である事を心から祈る。

e0247660_17515379.jpg

[PR]

by hyewonjijoon | 2011-12-28 18:07